本文へスキップ

抗がん剤曝露対策協議会

入会admission

ご入会のお願い

 平素、抗がん剤曝露対策協議会の活動にご協力を賜り、感謝致します。
 患者に薬を投与する医療従事者の薬品被ばくについては、これまでほとんど関心が払われてきていませんでした。しかも、全ての薬は患者だけでなく、医療従事者にも害をもたらす可能性をもっています。抗がん剤には、非常に低濃度であっても、取り扱う際や周辺で作業をする医療従事者に健康被害をもたらす可能性が知られています。
 本協議会は、2014年4月30日に発足致しました。
 抗がん剤曝露対策の重要性を啓発し、医師、看護師、薬剤師等の医療従事者および抗がん剤使用者家族への曝露対策により安全性を確保すること目的にしており、関連学会、研究会等への広報・告知活動をすすめて参ります。併せて、抗がん剤曝露対策に関する既存のエビデンスと新規エビデンスを蓄積して、より安全な曝露対策を推進する所存です。
 本協議会では普及活動を確実にひとつずつ進め、曝露対策が着実に浸透させるためのシンボルマークとして、オレンジマーブルを採用しました。
 抗がん剤曝露対策の重要性を啓発し、医師、看護師、薬剤師等の医療従事者および抗がん剤使用患者とその家族への適切で安全な曝露対策が講じられることを目的に、以下のような活動を行って参ります。

【活動内容】
 ・学術研究会や教育セミナーの開催
 ・学会、研究会等への広報・告知活動
 ・研究調査等を通じてのエビデンス蓄積 等

【会員特典】
 ・「オレンジマーブル」シンボルマーク・ピンバッチの進呈
 ・年1〜2回発行予定の機関紙
 ・NIOSH アラート(2004年版)日本語訳の閲覧
 ・オフィシャルウェブサイトでの定期的な情報発信 等

 医療安全が叫ばれる中、一人でも多くの皆さまの入会をお願い申し上げます。

謹白
2014年5月吉日
抗がん剤曝露対策協議会
理事長 垣添 忠生
副理事長 杉浦 伸一
副理事長 那須 和子


ご入会はこちらから

会員申込(個人)
       
会員申込書(個人)ダウンロード


賛助会員申込(団体)
     
賛助会員申込書(団体)ダウンロード

抗がん剤曝露対策協議会
-Anti Exposure Project of Anticancer Agent-
抗がん剤曝露対策協議会

〒113-0033
事務所を東京都文京区本郷三丁目
3番11号 NCKビル5階
抗がん剤曝露対策協議会 事務局代行
((株)コンパス内)

TEL 03-5840-6131
FAX 03-5840-6130